ボクシング映画の金字塔『ロッキー』



sports...28




 古くはポール・ニューマン主演の「傷だらけの栄光」から、
 近年の「ミリオンダラー・ベイビー」など、
 数多くの名作が作られてきたボクシング映画。



 腕一本の腕力でのしあがれる実力の世界、
 そこに生きるドラマチックで多彩な人間模様が、
 格好の映画的素材となってきたことは言うまでもない。



 しかし、ややもすると内容は優れていても、
 興行的にはイマイチの作品も多かったジャンルでもある。



 その理由として、競技場面が実況の迫力を追い越せなかったこと、
 ドラマ部分の弱さなどが挙げられるが、
 1976年に公開された映画「ロッキー」は、
 そのジンクスを打ち破り、大ヒットを記録しシリーズ化されることとなった。



 全く無名のかませ犬ボクサーが、無謀にも世界チャンピオンに挑戦し、
 15ラウンドを戦い抜くことに、妻との永遠の愛をかける――
 「ロッキー」の内容を一言でいえば、こういうことだ。



 主演は当時無名だった、シルベスタ・スタローンで脚本も兼ねている。



 製作費100万ドルという超安値で製作されたこの映画は、
 アカデミー賞作品賞という最高栄誉を勝ち取り、
 まさに「アメリカン・ドリーム」を実現することになる。



 クライマックスのボクシングシーンの迫力もさることながら、
 試合に向けトレーニングするロッキーが、
 フィラデルフィアの街を疾走する中、
 テーマソングが流れるシーンは、何度観ても感動的なシーンだ。



 愛、主人公の活力、ユーモア、そして、”最後の勝利” という、
 ドラマ的な要素と組み合わせは、決して目新しいものではないが、



 今でも名作として「ロッキー」が語られるのは、
 感傷的なファンタジーが、時代を越えて人々の胸を打つからである。



 暑い日々が続いているが夏バテ解消にお勧めする一本だ。







<<おすすめサイト>>








コメントを残す